Docker

Docker Desktop for Windows のインストール(Windows10)

Docker Desktop for Windows のインストール(Windows10)

これからWindows10 にDocker Desktop for Windows をインストール手順をご紹介します。

システム要件

Docker Desktop for Windows をインストールするにあたっては、下記システム要件を満たす必要があります。

  • Windows 10 64bit: Pro, Enterprise or Education (Build 15063 or later).
  • メモリ 4GB
  • Hyper-VとContainers機能の有効化

このシステム要件を満たしていない場合は、Docker Toolbox をインストールすることで windows 環境でDocker を利用する事ができます。

ただ、Docker Desktop for Windows の方が高機能のため、可能かなぎりDocker Desktop for Windows を利用する事をお勧めします。

インストーラーに含まれるコンポーネント

Docker Desktop for Windows のインストーラーに含まれるものは下記です。

  • Docker Engine
  • Docker CLI client
  • Docker Compose
  • Notary
  • Kubernetes
  • Credential Helper

Docker Compose やKubernetes などを一緒にインストールされます。

Docker Engine 

Docker Desktop for Windows で利用する Docker Engine は下記2つから選択可能です。

  • Hyper-V backend
  • WSL 2 based engine

Windows 10 pro がインストール要件で必須となっているのは、WSL 2が正式にリリースされていなく、Hyper-Vを利用せざるを得なかったためです。

2020年5月現在、Windows 10 で WSL 2正式リリースされたため、Docker Desktop for Windows の次期リリースのバージョンにおいては、windows 10 home エディションにおいてもサポートされることが想定されます

また、性能面においても WSL 2を利用する方が優れているため、今後はWSL 2 を利用する流れも変わっていくと思われます。

Docker Desktop for Windows のインストール(Windows10)

これより、Docker Desktop for Windows のインストール手順を紹介します。

Docker のサイトではじめようをクリックする。

Download for Windows をクリックしてインストーラーをダウンロードする。

インストーラーをダブルクリックして実行する。

場合によっては、セキュリティの警告がでますが、実行をクリックします。

このままOKをクリックする。

Installation Succeeded と表示されれば、インストールは完了です。

Docker を利用するためにはOSの再起動が必要となりますので、Close and restart をクリックして再起動します。

OS再起動すると、Dockerが自動で起動されます。

タスクバーのアイコンにDockerが表示されますので、右クリックし、Dashboardをクリックします。

起動するまで、少し時間がかかるかもしれませんが、ダッシュボードの左下にDocker running と表示されば、Docker が起動している状態です。

コマンドプロンプトでDocker のバージョンを確認すると、表示されました。

以上で、インストールは完了です。

タイトルとURLをコピーしました